AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の夏は……
今日から8月ですね。
そして、いよいよ来週からは夏期スクが始まりますね。

例年ですと、第1期初日の前々日(本年度ですと今日)の夕方に宿泊先に荷物を送付しているところです。
ところが、今年は、今日になってもまだ荷物を送るどころか、荷造りすらしておりません。
なぜならば、今年は夏期スクを受講しないからです(笑)。
いちおう、申込みはしましたけど、いける見込みが立ちませんでしたので、結局、受講料を納付しませんでした。

1期目から受講される方は、今頃、荷造りしていたり、授業の予習、あるいは、先出レポの作成に励んでいたりしている真っ最中といったところでしょうか。
単位とよき思い出をゲットしてきて下さいね。

演習を受講される方は、準備の方はもう万端ですか?
午前、午後と授業を受けられた上で、さらに5限・6限目に演習を受講されるのはホント大変だと思いますが、きっと得られるものが沢山あると思います。
体調管理だけには十分気をつけられて、頑張って下さい!

ここで大きな独り言を…。

「夏期スクを受講される方がめっちゃうらやましい!!!」

というわけで、土曜くらいにでも飲み会のた……もとい、卒論の資料収集のために多摩に足を運ぼうかと画策中。
でも、わが家の財務大臣が認可してくれるかかなり微妙(笑)。
スポンサーサイト
夏期スク
通教のサイトで夏期スクの担当教員が発表されていますね。

昨年、お世話になった国際私法の山内先生、今年はお名前がありません。
双方向の授業がとても楽しかったに…。

今年は、隔年で開催されている国際政治史の授業がありますね。
滝田先生、昔気質風のなかなか厳しい先生でしたけど、わたしが通教で受けた中でベスト5に入る講義でした。

行政法は、5月の短スクでは中西先生が担当されるようなので、夏期スクはてっきり牛嶋先生かと思いきや、野口先生だとか。
ちなみに、昨年の行政書士試験委員をされていた先生ですね。

刑事政策は、今年は再び藤本先生が担当されるのですね。
昨年の夏に先生が授業をされたのであれば、受講していたのに。
もっとも、秋に受けた鮎田先生の授業もすばらしく、受講してよったと心底思いましたけど。
ところで、藤本先生は、来年度あたり定年を迎えられるのではないでしょうか。
とすれば、場合によっては通教の授業は今回が最後って可能性も?

遠藤先生が第三期で民法1(総則)を担当されますね。
先生は、今年度、短スクで民法2(物権)、民法4(債権各論)も担当されるようなので大忙しですね。
わたしは、民法3(債権総論)でお世話になりましたが、たいへん分かり易い講義だったように思います。
先生が、どのように総則などの授業をされるのか興味あるところです。

以上、開講スケジュールをながめてわたしが思ったことです。
とくに、深い意味はありませんので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。