AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年度夏期スク 第2期4日目
今朝、出席調査会場で、ワタクシの友人が他の通教生の方と立ち話をしているところにでくわしました。
友人が話していたお相手は、ワタクシの全く知らない方でしたが、たまたま午前中の民法4(債権各論)の授業が同じということで、二人並んで授業を受けることになったのです。
この方、なかなか向上心がある前向な方で、とても素敵な方と知り合いになれたと嬉しく思いました。

午後の憲法の授業でも、数日前に知り合った方と、やはり並んで授業を受けました。
この方も前向きな方で、授業を受ける姿勢が大変すばらしいと思っています。
ワタクシは一緒に授業を受けてみてよい刺激を受けたので、とても感謝しております。

実は、今年の夏期スクに参加するあたり、ある目的を持ってのぞんでいます。
それは、通教生の友人を増やすということです。
この点、今日の午前・午後と一緒に並んで授業を受けた二人に出会えただけでも、ワタクシにとっては大きな収穫です。
この二人以外にも、既に何人かの新しい知人を得ています。

今年の夏期スクも残りあと1週間ちょっとですが、さらに良い出会いがあることを期待しています。


ところで。
今日、憲法の畑尻先生から爆弾発言が。
それは、試験に関することです。

事例問題を出題されることは、初日に公言されており、今日も同様のことを述べられていたのですが…。
なんと、六法は参照不可とのことです!
これにはマジビックリ!
以前、NHK教育番組に出演されていた「のっぽさん」がしゃべっているのを聞いた時より驚きました(笑)
(実は、通教にいる若い人の中には、のっぽさんの事を知らない人も何人かいて、思わず世代間キャップを感じ悲しくなりました…)

憲法は条文数が少ないとはいえ、事例問題で六法が仕えない試験とは、一体どのような問題が出題されるのか、戦々恐々です。
スポンサーサイト
2007年度夏期スク 第2期3日目
このBlogを立ち上げてから毎日更新することを一つの目的にしていたのですが、ついに数日間、更新をおこないませんでした。
ここ数日間、更新されているかと当Blogを訪れて頂いた皆様には、お詫び申し上げます。

さてさて。
連日暑い日が続いておりますが、夏バテなどせず、夏期スク第2期も元気に登校しております。
今期は民法4(債権各論)と憲法を受講しております。

民法4の広瀬先生は、少し関西弁混じりのしゃべりで講義をすすめられる先生です。
ときおり言われる冗談は、まるで関西の芸人さん風といった感じでしょうか。
なかなかユーモラスな先生です。
先生の講義は、初日に講義進行表と借地借家法が掲載されたものを配布された以外レジュメの配布はなく、教科書を参照されながら講義を進行されるといった感じです。

憲法を担当されている畑尻先生は、わりとゆったりした話し方をされる先生です。
毎日レジュメを配布され、レジュメを中心に時折教科書を参照されながら、授業を進められています。
さらに、2日目以降は、判例百選も参照されています。
講義はとても分かりやすいように思います。
また、時折言われる冗談はなかなか面白く、ユーモラスな先生です。
昨日でしたか、「ある憲法学者は、憲法13条をドラえもんのポケットみたいなもの」と言っていると紹介されたあと、先生は、「かんきょうけ~ん(環境権)」とドラえもんが道具をポケットから取り出す時のような声を出され、真似(?)されていたのがとても可笑しかったです。
(ちなみに、ある憲法学者とはワタクシの大好きな浦部法穂先生で、著書「憲法学教室」でそう書かれています。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。