AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レポートよ何処に?
2007年8月31日付の通教チャンネルには、事務局に届いたレポートを処理する様子が掲載されていました。
夏期スク後に一週間以上休業していた事務局は、なんでも3000通ものレポートの処理に追われているそうです。

ところで、私が夏期スク前に提出し、夏期スク中に事務室にて直接返却を希望したレポートが一通、未だ私のところに戻ってきておりません。
実は、夏期スクの三期目も終わりに近づいた頃、そもそもちゃんとレポートが事務局に届いたのか不安になり、調べてもらいました。
職員の方がノートパソコンをカチャカチャした結果、「○月△△日に受理されていますので、もうしばらくお待ち下さい」との返事を頂き、とりあえず、郵便事故などでレポートが大学に届いていないなんてことにはなっていないことが分かり、一安心しました。

過去私が提出したレポートの返却は、遅くとも三週間以内に返却されてきたと思います。
今回のように1か月以上も経って返却されてこないというのは、はじめてです。
皆さんは、どうですか?
もしかして、このようなことは多々あることなのでしょうか?
でも、例えそうだったとしても、あまりにも音沙汰がないと、「一体私のレポートはどうなってる?」といった具合に不安になりません?
そうするっていうと、通教の事務局に問い合わせをしたくなるのでは?

実は、この夏にある職員の方から聞いた話なのですが、事務局にレポートの処理状況に関する問い合わせというのが、とても多いらしいそうです。
そこで、ネット上で自分のレポートの処理状況が確認できるようなシステムを構築中だとか。
このシステムが実際に稼働されるようになれば、事務方のみならず、我々生徒の側にとっても便利になりますよねぇ。
そうなりゃ、安心してレポートが提出できるってもんです…・。
(そんな事を心配する前に、レポートの中身を心配しろよって話しもありますけど(笑))

PS この話しは、私が個人的に職員の方からお聞きした話なので、当然に通教の公式発表ではありません。
ですから、「そのようなシステムが実施されると聞いたけど、いったいどうなってる!」なんて問い合わせはしないで下さいね(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。