AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
念のため
私は、スクーリングを受講する際、事前に規定数のレポートを合格させておくことはおろか、提出しておくことさえ滅多にしません。
ですから、いつもスク終了後に大慌てでレポートを作成し提出しています。
いわゆる「後出し」ってやつです。

4単位科目であれば、通常スク出席で2通のレポート免除となり、残り2通を提出し、合格期限までのレポートを合格させておけば、とりあえずOKですが、たまにレポが「落っこちた」場合を想定して、保険の意味をこめて「念のため」に3通提出する場合があります。

今年の6月に受けた物権の短スクでは、後出しした3通のレポのうち最初に返却されたものが見事に「落っこち」てました。
「3通だしておいて良かった…」と思いながらも、「残りの2通のうち一通も落ちていたらどうしよう」と不安にかられ、急ぎ再提出を図ったところ、他の一通と再提出したレポが同時に合格で返却されました。
ちなみに、それらが返却される前に、別の一通が合格で返却されていたので、結果的は再提出しなくても良かったのですが、そう考えてしまうところが、ダメ通教生たる所以かもしれません…。

このような出来事があったものですから、スク終了後にレポート作成にとりかかると「念のため」にと3通出した方が良いのでは?と毎度思います。
もっとも、二週間ほどの間に3通を提出するくらいなら、スクなどを受けずにあと一通を提出し、科目試験を受講した方がよいのでは?との話しもありますけど(笑)。

ところで、岡山での手形・小切手法のスクより戻ったくらいから、頭痛に悩まされています。
市販の頭痛薬を飲んでも効果がありません。
そこで、病院で診察してもらいました。
問診や簡単な触診の結果、先生は、「多分、大丈夫だろうけど、念のためにCT撮ってみる?」と言ってきたのです。
(大丈夫」とは、おそらく「脳梗塞」や「くも膜下出血」ではないとの意味合いでしょう)
「大丈夫だろう」と言われつつも、「念のため」なんて言われてしまうと、小心者の私は、少々不安に駆られてしまい、「お願いします」と検査をお願いしてしまいました。
で、検査してもらったところ、「CTを見るかぎり、異常は見あたりません」とのこと。
一安心しました。
しかし、先生は「念のために、MRI撮ってみる?」と言うではありませんか。
「さっき、念のためにCT撮った結果、何ともなかったんじゃねーの??」「最初からMRI撮ってくれればいいのに!」と、医学的素人丸出しの不満をつのらせるも、小心者の私はそんなことを口には出せず、検査の予約をして帰ってきました。

「何ともない」という結果がでるか、「げっ、やばっ」というような結果がでるか、まだ分かりませんが、まぁ、いずれにしても「念のため」に検査しておいて良かったと思うのではないかと(もち、ほぼ前者だと思いますけど)。

ところで、「念のため」を広辞苑でひいてみました。
その意味は、「いっそう注意をうながし、たしかめるため。」だそうです。
するっていうと、後出しのレポを3通出すっていうのも、通教生として模範的な行為かも?
えっ、違うだろって?(笑)
スポンサーサイト
北から南へ
明日から開催される「手形・小切手法」のスクーリングに参加するために、岡山に来ています。
岡山に着いた瞬間の印象は「蒸しあっちぃ~」。
岡山が暑いというか、先週いた札幌が涼しすぎかも。
なんせ、岡山の最低気温が、札幌の最高気温とほぼ同じみたいですから。

そういや、私の秋場所は、名古屋の「民事執行・保全法」にはじまり、岡山「刑事政策」、札幌「行政法1」と続いているのですが、どの会場にも必ず、「おや、この人先週もいたはず」と見覚えある人が何人かいます。
その中でも、確実に一人は、名古屋から札幌まで毎回来ている方がいます。
明日もご一緒だったら、声をかけてみようかな…。
楽しかった、札幌スク!
札幌より、昨日夕方に帰宅しました。

出発前、私の住む地方はまだまだ蒸し暑く、Tシャツいっちょで飛行機に乗り込んだのですが、新千歳空港に降り立った瞬間、私の格好が場違いであることに気がつきました。
さすが北の大地、めちゃ涼しかった。
慌てて荷物から長袖のパーカーを取り出し着込みました。
でも、上には上がいるもので、私の友人のBさんは、Tシャツしか持ってこなかったらしく、初日の講義が終わってから長袖の上着を買いに行ってましたよ(笑)。

札幌って、何度行ってもいいところですねぇ。
私は大好きな土地です。
なんといっても食べ物が美味しいし。

講義前夜は、札幌の知人に居酒屋に連れて行ってもらったのですが、新鮮な魚介類に感動!
とくに、イカのお作りは、身が透明で、箸で身を持っても両側に垂れ下がらず、ピーンと横を向いたまま!
酒がすすみました。

初日の講義終了後、札幌支部主催の懇親会に参加しました。
先生と事務の方も出席されていました。
実は、初日の授業中睡魔に襲われた時、突如先生に質問され、しどろもどろになってしまったのです。
そのことを懇親会の席上で、冗談ぽく「おかげで目が覚めました」と先生にお伝えしたところ、先生は「では、明日も指名しましょう」とおっしゃったので、アルコールのせいで気が大きくなっていた私は「是非、お願いします」なんて口走ってしまったのです。
で、翌日、本当に再び当てられてしまうとは…しかも3回も(笑)

懇親会を途中で退席し、夏期スクで知り合った札幌在中の通教生とすすきので再会し、深夜二時頃まで飲んでました。
翌日、再び睡魔に襲われていたのは、いうまでもありません(笑)

二日目、授業終了後、懇親会などと親しくなった方6名で、お茶をした後、ある有名ラーメン店に行ったのです。
そこの店は、私が札幌に行くたびに必ず訪れる店で、私が皆さんを案内する形だったのです。
数年ぶりに訪れたのですが、以前より味が落ちていたような…。
内心で「わざわざタクシーに乗って連れてきたのに、どうしよう」などと思いながら、知らん顔して食べてました(笑)。
皆さん「おいしかった」などと言って下さいましたが、本心は不明です(笑)。

三日目、授業終了後、会場近くの居酒屋で、打上と称して7名くらいで飲みました。
私、個人的には「打上」ではなく、「残念会」という気分でした。
なぜなら、テストの出来があまりにも悪かったからです(涙)。
でも、スク終了後に、スクで知り合った方達と飲む酒は、とても美味しかったです。
私は、札幌の知人と約束があったので、早めに切り上げ、知人と合流。
夜のすすきのへと消え入ったのでありました。

「札幌って最高!!!」


「なんだ、スクネタじゃなくて、飲んだくれの話しかよ!」とお思いかもしれませんね。
講義内容等は、後日アップいたしますので…。
ヘロヘロっす
すっかり、更新をさぼっておりましてどうもすみません。
何人かの方からは、「生きているのか?」などとメールを頂いたのですが、ちゃんと生きております(笑)。

9月は、名古屋「民事執行・保全法」、岡山「刑事政策」、札幌「行政法1」と三週連続でスクが続き、実は、今、札幌にいます。
スクーリングネタなどをいろいろとアップしたいと思うのですが、いましばらくお待ちを…。
今週末は、岡山「手形・小切手法」に参戦する予定ですが、すでにヘロヘロ状態です。
果たして、どうなることやら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。