AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4年次履修届
今日、履修届を提出しました。
追加履修をのぞくと最後の履修届になります。

民法5(親族・相続)
破産法
労働法1(団体法)
労働法2(保護法)
社会学

以上の科目は履修しようととっくに決意していたのですが、
それに加えて
「国際法・国際私法」
を選択するか、
「外国法概論1・保険法・経済法」
を選択するかでずいぶん迷ってましたが、前者に決定…。


思い起こせば、約三年前。
一年次の履修科目を決定する際には、自分が興味ある分野から素直にチョイス。
それが、二年次・三年次になるにつれ、取得が容易と噂される科目・スクに参加できそうな科目からと選択基準がシフト。
今回はといいますと…。
社会学を除くと、一応興味ある分野を優先にチョイス。
社会学を選択したのは、まだ卒業に必要な教養科目の単位取得数を満たしておらず、夏期スクで取得をという思いから、今年の夏期スクで開催される教養科目中では一番興味が持てそうなものってことで…。
今思うと、「教養科目は早めに単位を取っておいたほうがよい」という先輩のアドバイスどおり、余裕をもって三年次までに全てとっておくべきだったと激後悔しております。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。