AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1回卒業論文レポート提出
ちょっと前の話題になりますけど、締切り日提出にギリギリ間に合う形で、どうにか第1回の提出を終えました。
もちろん、お得意の速達です(笑)。

内容的には、自信を持って「ダメダメ」と言い切れる出来栄え(笑)。
でも、とにかく提出しないことには2回目、3回目の指導を受けられませんので、その権利を獲得するつもりで「とにかく提出した」って感じです。

科目は「憲法」です。

ある、実際に生じた刑事事件を題材にしています。
憲法上の重要な人権を行使したところ、刑事摘発され,一審無罪、二審有罪と判断が分かれ、現在、最高裁に係属中のものです。

事件が生じたのが、通教に入って一年目の年だったと思います。
「え~~っ、そんなんで逮捕されるの!!!」
と、とても驚かされました。
もし、通教で法律を学んでいなくても、直感的に不当だなと思っていたかもしれません。
でも、法律を学んで初めて法的な観点から不当だと感じた事件だけに、ワタシにとってとても印象が強い事件なのです。

実は、最後の最後まで、選択科目を憲法にするか刑法にするかでとても迷っていました。
事件の具体的な処理をメインテーマにするなら、刑法的な論点が主題となるでしょうし、その論点自体が、現在、学説の対立が顕著なものですから、書きやすいかもしれません。
でも、「人権に対する不当な弾圧にあたるのはないか」というのが、ワタシが当該事件に強い関心をよせるようになったきっかけでもありますので、憲法的観点から卒論を書いてみることに決めました。

でもでも…。
資料を読み漁っていくにつれ、刑法的な問題にも興味が…。
途中で路線変更ってのも、いいかも♪。
ただし、ワタシに卒論の指導を蹴ってまでも、自力で合格レベルの卒論が書けるのかが疑問なのですが…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。