AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裁判所職員総合研修所監修 『民法概説[三訂版]』 司法協会(2005年)
裁判所職員総合研修所監修 『〈新訂〉民法概説[三訂版]』 司法協会(2007年)

民法の財産法に関して、通教では民法1(総則)・民法2(物権)・民法3(債権総論)・民法4(債権各論)といったぐあいに履修科目が分類されていますよね。
民法をこれまで学習してみて思うのですが、条文の順序からいえば、総則から学習していくのが筋なのでしょう。
だったら、とりあえずは教科書はじめ総則について書かれている基本書等を読み込むのが王道?
わたしは、総則の細目を学習する前に、総則のみならず、物権・債権などを含めた財産法全体の基礎的知識を身に付けた方が、あとあと楽なのではないかと思っています。
そこで、オススメなのが本書というわけでして…。

初学者向けに、財産法全体につきコンパクトにまとめ上げられてあります。
コンパクトでありながらも、概念の定義などはしっかりと書かれてあるなど、中身の濃い本であると思います。
また、巻末にある九つの事例問題も、民法の問題を解く上での考え方を知るのに有用であるかと。
本書を理解した上で、あとは各分野の専門書で細かな知識を調べあげれば、レポ&試験対策はかなり進むのではないでしょうか。

なお、一般の本屋にはあまり取り置かれていないようです。
わたしの友人いわく、裁判所の売店などにあるとか。
そういや、中大の生協にはおいてありましたね。
ちなみに、ワタシは冒頭のリンク先である「セブンアドンワイ」の通販で購入しました。
スポンサーサイト
伊藤正己,加藤一郎/編『現代法学入門[第4版]』有斐閣(2005年)

現代法学入門 (有斐閣双書)現代法学入門 (有斐閣双書)
(2005/03)
不明

商品詳細を見る

通教での学習の手始めとして、法学の教科者を読んだものの、あまりも難解な(?)記述に「なんじゃこりゃ」と面食らってしまった時に、お世話になった本。
分量も多くなく、平易な記述でなかなか読みやすかったように思います。

ちなみに、「なんじゃこりゃ」と思った眞田先生執筆の法学の教科書ですが、いまでは一番好きな通教の教科書となりました。
あの教科書は、読めば読むほど味の出るスルメみたいな教科書だと思ってます。
第1回卒業論文レポート返却 その1
郵便受けに見覚えのある封書が。
卒業論文の通信指導を受けるため、わたしが宛名を書き留めた返信用の封筒でした。

ん?
ちょっと返却が早すぎませんか???
緑の白門には、たしか、添削には1ヶ月を要し5月頃の返却だと記されていたはず…。
それに、昨日更新された通教チャンネルにも、やはり、返却は5月頃だと書かれているし、それに加え、「例年に比べ提出数が多かったため、不備の確認やインストラクターへの依頼に時間がかかってしま」ったとも…。
なのに、なぜにこうも、ワタシのは返却が早いのだろ??
もしや…。
内容があまりにもお粗末だったために、門前払い?
つまり、インストラクターの先生に「み・す・て・ら・れ・た」?
きっと、そうであるに違いない!
と、急にネガティブモードに突入↓

とりあえず、ドキドキしながら封を開けてみることにしました。
結果…「見捨てられて」いませんでした。
まずは、一安心(笑)

つづく…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。