AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
○○先生ってどうですか?
昨夜、通教のお友達から電話がありました。
夏期スクと短スクで年二回開催予定の科目について、どちらで受講しようか先生によって決めようと考えているような様子で、その先生の授業を受けたことがあるか、あるとすればどのような感じであ;ったかといった内容でした。

この手の質問はよく受けますし、逆に、ワタシもよくたずねたりします。
質問の意図は以下の2つあると思います。
 ①講義&お人柄に対する評価
 ②試験の難易度
どちらかといえば後者の情報を欲する場合が多いような気ますけど…。
早い話が、容易に単位を取得できるかどうかということを知りたいのだと思います。
もっとも、どうせスクを受けるのであれば、講義の分かりやすい・面白い先生のものを選びたいという考えも当然あるでしょうけど。

ワタシは、知っている先生の情報に関しては、できるだけ客観的に伝えるようにしていますけど、どうしてもワタシの主観も折り混ざってしまいますので、どれほどお役に立てているかは疑問ですが…。
つまり、「タダシガキは○○先生のスクはヨカッタと言っていたけど、ぜんぜんそんなことなかった、あいつは、嘘つきだ!」なんてことにならなけりゃいいのですが…。
まぁ、このことは自己責任ということで(笑)。

ただ、ワタシ思うのですが…。
多くの方が高く評価されている先生は、実際に受講してみると評判どおりだったことが多かったと思います。
もっとも、その評判に上記②の要素が強く含まれている場合に、①の要素を求めすぎると「なんじゃこりゃ」ってことになりかねないとも思うのですが…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。