AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダメです。
第2回卒業論文レポートの提出期限が来月はじめ。
今月末には会社法の短スクを受講するため、実質的にワタシに残された時間は2週間もありません。
早い時期に1回目のレポートが返却されたにもかかわらず、これまで一切進展なし。
言い訳がましいのですが、つい最近まで卒論レポより大切なことを抱えたいたため、そちらに全力投球状態だったのです。
今週に入りやや落ち着いたので、急いで卒論レポに取り組まねばと。
ですから、ワタシの机の上には、卒論の科目である憲法に関する本や文献のコピーがわんさと積まれて…。
いえいえ、積まれているのは刑法関係のものばかり。

じつは、先日書いた「チョコ口移し過失致死事件」のことが気になってしょうがないのです。
男性に自動車運転過失致死罪が適用されるとしても、なぜ、助手席の女性に重過失致死罪が適用されるのかが釈然としないのです。
助手席者のモラルが問われるのは当然としても、刑法的に罰する必要性と根拠があるのかという疑問から出発して、様々な疑問が…。
刑法総論の本に書かれている、過失犯、共同正犯、共犯と身分、実行行為などの該当ページをいったりきたり。
おかげで、刑法総論のよい復習にはなっていますけど…。

しかしながら
Q こんなことしていてOKなのでしょうか?
A 日記のタイトルのとおり

というわけで、今日から卒論レポに取りかかろう!
って、間に合うんかいな…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。