AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目から鱗が落ちました
5月14日付けの日記で書いた「チョコ口移し重過失致死事件」に関する疑問について、実は、中大ご出身で某大学にて刑法を教えておられるY先生にメールで質問しておりました。
そのご回答を頂きましたので、抜粋する形で内容を紹介したいと思います(Y先生許可済)。


Q1
 本件の場合、おそらく、運転者は口移しされることを拒み、即座に停止するなど車のスピードをコントロールできる立場にあったと思われます(ある報道によれば、口移し中、運転者はスピードを落とさなかったとされており、この点から、突然口移しをされ次の瞬間被害者に衝突したような状況ではなかったものと推測されるため)。とすれば、結果発生の危険性は、決定的に運転者の支配領域にあったといえ、そもそも、助手席者に刑法を適用して処罰する必要性と根拠にかけるように思うのですが。

A1 
 タダシガキさんがイメージしたような事実関係があることを前提としますが、今回の事故は、「運転者のせいだ」と考えるのであれば、助手席者は責任を負う必要性はないということになりそうです。
 ただ、実務上は、過失犯の実行行為性を広く捉えています。また、冷蔵庫に毒薬をおいただけの場合、通説は、殺人(故意犯)としては予備であるが、過失犯は成立しうるとしていることからも分かるように、過失犯のほうが実行行為が広いというのは、学説的にも認められています。
 そうすると、「助手席の人のせいで『も』ある」とすることも、従来の流れからすればありうると思われます。
 ちなみに、このような考え方に、疑問を投げかけている学説もありますが、そのような考え方が通説として定着するまでには、もう少し時間がかかりそうです。

 実は、報道を読む限りでワタシが一番疑問に思っていたのが、このことだったのです(もちろん、モラルとして、助手席者は本件におけるような行為をしてならないし、それに対して非難を受けてもしょうがないとは思うのですが)。
 しかし、毒薬事例を持ち出されてみて、なるほど理論的にはありなんだぁと考えさせられてしまいました…。


Q2
 助手席者に、重過失致死罪の単独正犯が成立すると考えた場合、①「口移しでチョコを食べさせたこと」が助手席者の実行行為となるのでしょうか、それとも、②「チョコを口移し運転者が前方不注意になった状態を作出したこと」が実行行為となるのでしょうか。

A2
 この点は、おそらく、それほど学説でも意識されていないと思いますが、どちらの採り方もあるとありうると思います。
 ここでは、間接正犯の着手時期に関する議論が参考になると思われますが、いわゆる行為者説を採ると、例えば注射を渡す時点で着手を認めますが、これとパラレルでいくと、①が実行行為となるでしょうね。
 被利用者説でいくと、渡された人が注射しようとする時点で着手を認めるわけですから、今回の事案でも、着手までの時期が少し延びて、②が実行行為となるでしょうね。

 いゃ~、間接正犯の実行着手時期に関する学説の対立が、このように応用されるだなんて思いもしなかったです。


Q3 
 自動車運転過失致死傷罪は、自動車運転者のみがなしうる真正身分犯なのでしょうか、それとも、過失致死罪の加重類型としての不真正身分犯なのでしょうか。

A3
 非常に難しい問題です。
 自動車運転に特有の危険を理由に新立法がされたとすれば(そう考えるのがわたしは妥当と思いますが)、「自動車運転者」は、構成身分となり自動車運転過失致死傷罪は真正身分犯になるでしょう。
 ただ、過失犯のうち、自動車運転の場合だけを(予防の観点から)重く処罰するものだとすれば、加減身分ということになり同罪は不真正身分犯になると思います。
 
 ワタシは、まず、本件が共同正犯で処理されているのであろうと思っていましたし、端から同罪が真正身分犯だと決めてかかっておりましたので、どうして助手席者に刑法65条1項を適用して両者の罪名を同じに、つまり、助手席者も自動車運転過失致死罪として逮捕しなかったのかと疑問に思ってました。
 この点、まず同罪は不真正身分犯ではないかと主張される5月14日付の記事に対するジョーさんのコメントは、ワタシの脳天を直撃しましたねぇ。「そうか、そういう捉え方もあるんだ!」とホント目が覚めるような思いでした。ジョーさんのコメントを読んだ後、同罪が「第二十八章 過失傷害の罪」の中にあることからすると過失致傷罪の加重類型なのかなぁと、また、通説は「業務」が加減的身分であるとする業務上過失致死傷罪(211条1項)の後に自動車運転過失致死傷罪(同2項)が規定されていることから考えても、不真正身分犯と考えるのが条文の位置からしても実は素直なのかなぁとかなり強く思うようになりました(節操なしですよね…学者には不向き・笑)。でも、どちらとも解釈しうるんですね。

 ちなみに、Y先生は、本件について以下のように述べられていました。

 「おそらく、実務では(報道では警察段階なので検察が立件するときは異なる可能性はありますが)、そもそも、過失の共同正犯で処理するのはいろいろと煩雑なので、単独正犯にしたような気がします。」

 ワタシは99%共同正犯で処理されたとばかり考えてましたから、Y先生の指摘に「あっ、そうなんですか…」モジモジって感じになっちゃいました。


今回の件で、自分の勉強不足を痛感しましたけど、刑法って面白いなぁと思いました。
ワタシのくだらない質問にお付き合い頂いたY先生とジョーさんには、あらたてめお礼申し上げます。 
スペシャル m(__)m
スポンサーサイト
通教いろはかるた 「へ」
屁理屈と無茶な論証、紙一重
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。