AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒論入庫説明会
3年次以上の通教生を対象に、中大図書館の閉架書庫に直接入庫できる制度があります。
そのためには、卒論入庫説明会に出席しなければなりません。
そこで、先日、多摩校舎へ行ってきました。

説明会の詳細については、中大図書館のHPを参照下さい。
また、2008年7月9日付の通教チャンネルの記事にも紹介されてあります。

まずは、あらかじめ閉架書庫入庫申請書に通教事務局で許可印を押してもらわなければなりませんので、モノレールの駅を出てすぐに10号館(通信教育部棟)に向かいました。
10号館を訪れるのは、今回が初めてです。
建物の場所は、大学の正門を出たところにあったのですが、いったん正門を出るということが、なんだか大学の敷地外にポツリと置かれているような感じがして、ちょいと寂しい感じがしました…。
入口を入ると左右に事務室があり、左側の事務室の方で許可印を頂きました。

余談ですが、帰りの新幹線の学割証を交付してもらおうと思ったのですが、ダメでした。
「学生割引証交付願」の申請事由に列挙されている、「10大学主催行事」、または、「11その他の学習活動」に該当するのではと考え、その旨申し出ましたけど、やはり発行不可ということでした。
ちょい、納得いなかい感じ↓。

その後、図書館にGO。
開始時刻の20分前くらいに会場に入ったのですが、ワタシが一番乗りでした。
受付で、学部名と学年を聞かれ、資料をもらい着席。
しばし待てども、誰も来ず。
「もしかして、ワタシだけ?」
なんて思っていたら、10分前くらいからゾロゾロと人が集まりだし、結局、30名くらいの学生が集まったのですが、おそらく、通教生はワタシ一人だけだったのではないかと(説明会は、通学部生と合同です)。
主観的には20歳そこそこの通学部生の中にすっかり溶け込んでいるつもりでしたが、客観的には「なんか変なオッサン一人混じってる」ってな感じで、きっとバリバリに違和感があったんでしょうね(笑)。
でも、そんなことイチイチ気にしてたら、通教生なんてやってられません(笑)。
で、質問タイムには、遠慮無く質問させて頂きました。

説明会は、まず、本の背表紙に貼られている分類記号等の説明がありました。
いままで、気にしたことのなかった分類記号ですが、実用的に記号が付されていることに感心しちゃいました。
その後、自分の卒論入庫許可証に、卒論のテーマに相当する分類記号を調べ記入します。
ちなみに、ワタシの場合、「323.14(憲法問題)」と記入しました。

次いで、図書館にあるデーターベースの検索方法などの説明がありました。
ここでの話しは、じっさいに文献を検索する場合に役立つ情報が満載でした。
ここまでで、約30分が経過。

次は、お待ちかねの閉架書庫内の案内でした。
2階のカウンター脇から奥に進み、エレベーターに乗り、まずは、下層階へ(書庫は2階層に分かれてます)。
初めて書庫に入ってみた感想は…。
「見渡す限り、本、本、本、本だらけ!!!ワンダフル!!」
書庫の中はすごいとは聞いてましたけど、「ほんまにすごかった」。
書庫の中にいるだけで、アカデミックな場にいる自分自身に酔ってしまいそうです(笑)

ところで。
書庫の中は、広いうえに、よく似た光景ばかりが広がっているため、一人で入庫した場合、きっと、迷子になりそう。
迷子にならなくとも、蔵書量の多さゆえ、目当ての本を探すのに一苦労しそう。
そういや、職員の方が、「何度も書庫に通って、体で覚えて下さい」とおっしゃっていたっけ。

書庫の案内が終わった時点で、「卒論入庫許可証」を頂き、説明会は終了。
所要時間は全部で1時間くらいでした。

その後、4階カウンターに行き、卒業論文等特別貸出申請書を提出。
これで、最大10冊の本を30日間借りられるようになりました。
卒論入庫説明会に出席した場合、ついでにこの手続をしておくと便利です。
ちなみに、特別貸出の手続は、いつでも手続してもらえますが、事前に通教事務局で卒業論文等特別貸出申請書に許可印をもらっておく必要があります。
ですから、閉架書庫入庫申請書に判をもらいにいく時、ついでに卒業論文等特別貸出申請書にも判をもらっておくと便利です。
なお、特別貸出は、4年次以上であることが条件となっております。

夏期スク中も、週に一度、卒論入庫説明会が午後17時30分より行われるようです。
3年次以上の通教生の方であれば、誰でも参加OKみたいです。
まだ、具体的な卒論のテーマが決まっていない方であっても、参加して損はないのではないかと。
申請書等に、自己の卒論のテーマを記入する必要がありますが、仮のテーマでもOKみたいです。
また、途中で卒論のテーマが変更になったからといって、まったく影響しないそうです。
事前に、直接図書館に予約する必要がありますが、通教生の場合、電話でも受けつてくれます。
ちなみに、一度ゲットした「卒論入庫許可証」の有効期限は「卒業年月日まで有効」となっていました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。