AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灯台下暗し
週明けに迫った3回目の卒論レポの提出期限。
ここへ来て、どうしても目を通してみたい論文が三つ。

いずれも、他大学が出している論文誌に掲載されているのですが、地元の公立図書館にはナシ。
いまから、国立国会図書館や中大図書館のコピー郵送サービスを利用しても間に合いそうもナシ。
う~ん、どうしても読んでみたい。
きっと、わたしの卒論に役立つこと間違いナシ!(根拠はナシ)。

隣の県の某国立大学の図書館にはあるようで、わたしが行っても利用できるみたい。
明日の土曜に千円はらって、高速使って行くべきか…。
でも往復に費やす時間を、手元にある資料のみでレポ作成にあてた方がよさげような気が。
どうしよう…。

と悩んでいたら、なんと、地元の大学(教育学部)の付属図書館に三冊ともあることを知り、万歳三唱!
で、さっそく本日、行って参りました。

初めて訪れる図書館で勝手が分からず、カードがないと入れないゲートで右往左往するわたしに、親切に対応してくれたお姉さん。しかも、何度も書庫まで足を運んで頂いたおかげで、無事論文のコピーをゲット。
どうも、お世話様でしたm(__)m

さっそく、帰宅後に目を通してみたら…。
三冊とも、アメリカの判例と学説の状況の紹介がメインで、とても参考になる部分もあるのですが、それを引用しようと思うと、引用元の原文、つまり、あちゃらの文献に目を通す必要があるかと…。
そんなものどこで入手すりゃいいんだいって話もありますが、それ以前に、そんなものを読んで理解できる英語力がわたしにはナシ。

「孫引きしちゃえよ」って悪魔のささやきが一瞬聞こえましたけど、信義に反しますからねぇ(笑)。

ともかく、今週末は、卒論レポ三昧になりそうデス。

PS 最近、メールをやりとりさせて頂いている通教生の方は、既に3回目のレポを提出されたそうなのですが、なんと、それが既に返却されてしまっているというから驚きです。
スポンサーサイト
通教いろはかるた 「め」
目指すものは皆同じ、通教卒業♪


パパさん・ママさん通教生
昨日、福岡の通教生Yさんから写メを頂いたのですが、そこには生後間もない赤ちゃんと、その赤ちゃんを嬉しそうに抱きかかえているお兄ちゃんの姿が写っていました。
しかし、この赤ちゃん、実は、Yさんが生んだ子ではありません……。
なぜなら、Yさんは、男性だからです(しょうもないボケですみません)。
Yさんの奥さんが今月出産予定だとは聞いておりましたので、無事に出産されたことを知ることができよかったです。

また、先月には、兵庫の通教生ふじっこさんが女の子を出産されています。

二人の報告を聞いて、なんだかこっちまで嬉しい気分になりました。

このように、大学の学友やその奥さんが子供を出産されるだなんて、通学課程の学生の間ではそうあることではないでしょうから、通教生ならではってとこでしょうか。
そうそう、お子さんだけではなく、お孫さんが生まれることだって十分ありえますね。

ところで、入学時点で既にパパさん・ママさん通教生である方も大勢いますが、皆さん、家族との時間を保持しながらの学習は何かと大変でしょうね。
夏期スクでは、小さなお子さんを一緒に大学に連れてこられているママさん達をよく見かけますが、ホント、よく頑張っていらっしゃるなぁと頭が下がる思いにかられてしまいます。

わたしも負けずに勉強頑張ろう…。

PS 昨年の夏期スクの懇親会でK先生にとてもなついていたNくん(5歳)、今年も夏期スクにやってくるのかな…。でも、残念ながら、K先生、今年は夏期スク担当されていませんね。
「あっ!もしかして、K先生、本当に今年は保育室担当になったんだろうか??」
な~んて、そんなことあるわけないか…。
通教いろはかるた 「ゆ」
諭吉が飛んでく、スク行脚


備えあれば憂いなし
3回目の卒論レポの提出期限まであと10日もありません。
ですから、提出へ向けて追い込みをかけている最中……のはずでした、予定では。

じつは、数日前にパソコン(デスクトップ型)の調子が悪くなり、ほとんど使い物にならない状態に。
原因は、ハードディスクの故障です。
そこで、ハードディスクを取り替え再セットアップし復旧。
当然、故障したハードディスクに入っていたデーターはすべてパァ。
もち、その中には、卒論関係の資料も…。

「タダシガキざまま見ろ」と今思ったあたな、おあいにくさまです(笑)。
実は、日頃こまめに大切なデーターについてはバックアップをとっていたため、卒論関係のデーターなどを本当にこの世から消失させてしまうという事態には陥らず、安堵。
もし、バックアップをとっていなかったと思うと、真夜中に墓場で肝試しするよりぞっとしちゃう感じに。
あらためて、データーのバックアップの大切さを痛感しました。

もっとも、重要データーはすぐに元に戻せるけど、それまで使用していた環境と全く同じにするためには、いろいろなアプリを再セットアップしなければならず、頻繁に再起動かける必要があったりして、かなり面倒です。
これらの作業に丸一日費やすはめに…。

ちなみに、こういう事態に陥った場合、とりあえず、ノートで代用すればいいのでしょうけど、ノートも数ヶ月前にハードディスクがぶち壊れ、メーカーで修理してもらったものの、送り返されてきてからほったらかし。
つまり、OS以外は、ほとんど何も入っていない綺麗な状態というわけでして(汗)。


ところで、以前より、いざという時のためにPCが壊れる寸前の状態に簡単にリカバリーできればいいのにと思い、それを可能とするソフトを探していたのですが、わたしのコンピューターの環境で動作を保証するソフトに巡りあえないうちに、先に、ハードディスクがおシャカに。

でも、今回、いけそうなソフトに巡りあっちゃいました(もっと早く出会いたかった)。
しかしながら、本当にいけそうかどかは実際に試してみなければ分かりません。
試したものの、もし失敗すれば、一日かけて元に戻したものがそりゃ悲惨なことに…。

とりあえず、3回目のレポを提出後に試すのがよろしいかと……ふつうならば。

思いたったら猪突猛進、B型の血がそれを許しませんでした(笑)

で、試験的にリカバリーしてみると…。

「見事に失敗!」(号泣)
「タダシガキざまま見ろ」と今思ったあたな、返す言葉がありません(苦笑)

どうやら、設定が悪かったみたいでした。
試行錯誤を繰り返し、どうにかリカバリーすることに成功。
しかし、この間、約2日のロス(汗)。


ところで、今回、Windows7のお試し版を入れてみました。
わたしは、Vistaを使用したことがありませんのでその違いがよく分かりませんが、XPと比べるとかなり便利になっており感激。
10月の発売日に購入しちゃう予感。

ただ、唯一、欠点が…。
わたしが使用しているプリンターが使えません(今後、使える見込みは多分なし)。
これはかなり痛いっす。
通教いろかはかるた 「き」
気にいらねぇ、この判例は気にいらねぇと、百選読んで腹立てる

卒論科目の強制変更?
さきほど、myはくもんにアクセスし卒論レポートの情報を確認したところ、昨日までは空欄だった2回目の返却日と次回の提出期限が正しく反映されていました。

ところが、論題科目名がなんと「国際法」になっっているじゃありませんか!

わたし、1回目から「憲法」で書いているのですが、あまりの出来の悪さに強制的に変更になっちゃったのでしょうか?(笑)

myhakumon
卒業論文レポート第2回目・返却
本日、2回目の卒論レポが戻ってきました。
昨夜、Myはくもんをのぞいた際には、返却日欄に何も表示されていなかったので、突如、郵便受けに見覚えある封筒が居座っていたことにビックリでした。
ちなみに、さきほど確認しましたが、Myはくもんにはまだ反映されていません。
きっと、時期的に夏期スクの手続等で事務の方達はてんやわんやなのでしょう…。

さて、今回はA4サイズ2枚分の指導表がくっついてきました。
指導票の冒頭に、論文の形式面についての注意書がありました。
注釈の付け方についてでした。

以前、某教授がおっしゃっていたのですが、卒論を採点する際、採点者に卒論論文レポートの利用の有無(指導を受けた回数と指導担当者名)が知らされるそうです。
指導を受けていない卒論は、形式面の不備が目につく場合が多いとおっしゃっていました。
あまりにも形式面に不備が多く見られる場合、内容を精査するまでもなくその時点でバッテンと言われていたような…。
指導を受けていない場合読む以前に「不合格の推定が働く」な~んてことがあるのかないのか知れませんが、形式面の不備は受けがよろしくないのは事実のようです。

さて、3回目の提出期限が8月上旬とあと1ヶ月もないのですが、次回は、卒論として体裁がちゃんとととのっているものを提出しなければと思っておりますので、気合いを入れて頑張ります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。