AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同郷の偉人
中央大学のホームページに、8月16日にNHKで放送予定のドラマ「気骨の判決」を紹介する記事があります。

元大審院第三民事部の裁判長であり、退官後、中央大学法学部の教授を務められた故・吉田久氏の生き様を描いたドラマらしいです。

大学のサイトで紹介してある吉田判事の経歴に目を通して、もしやと思い、法学の教科書をひらいてみたところ、同判事のことが紹介されてありました(増補改訂版・2005年、256頁以下)。

教科書に目を通してみて、著者の眞田先生が、スクーリングの際に、吉田判事のことについて語られていたことを思い出しました。
なんでも、眞田先生が学生時代、吉田判事は既に退官されていて、中央大学で教鞭をとっておられていたとのことで、吉田先生との思い出を熱く語られていたのが強く印象的に残っています。

とこで、吉田先生と私は同郷であることを、大学のサイトをながめ初めて知りました。
まっ、たったそれだけのことですが、田舎もんのわたしは何だか嬉しくなりましたねぇ。

ふだん、ドラマとかほとんど見ないわたしですけど、このドラマばかりは見るっきゃないって感じで、放映を楽しみにしています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。