AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後悔先に立たず
去る7月8日に最愛の妻が永眠しました。

約2週間前に突然倒れ、
直ぐに救急搬送されたのすが、
搬送直後から意識不明の危篤状態が続き、
入院して12日目に天国へと度立ちました。

未だに卒業していない私ですが、
あと卒業論文を提出するだけという状態にまでこぎ着けたのも、
妻の支えがあったからこそです。

今、振り返ってみると、
妻に対して、あ~しとけば良かったというような
後悔の念が次から次へと湧き出る一方です。

人は、例えば私のように親しいものが死んでしまうだとか、
自分自身の健康を大きく損なってしまうようなことが生じないかぎり、
日々普通に生きていけることのありがたさを感じないのが、一般的ではないかと思います。
少なくとも私自身はそうでした。

本当に普通の生活を送れることのありがたさや、
それが何よりもの幸せであるということを
今回の妻の死によって痛感させられています。

今後の私の人生は、一秒一秒を無駄にせず、
毎日を精一杯生きていき、振り返ったときになるべき後悔せずに済む生き方をおくろうかと。
それが、妻に対する何よりもの供養だと思ってます。

タダシガキ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。