AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大は小を兼ねない?
我が家には使い古しの六法を含め、いくつかの六法があります。
その中でも、購入以来ほとんど使用されずに日陰に追いやられている可愛そうなものが…
それは、有斐閣の「小六法」のことです。

この「小六法」、どこが「小」なんだと思いたくなるくらいに、そのネーミングに反してデカイっす。
もっとも、ちゃんとした六法全書に比べれば一冊にまとまっていてミニサイズなんでしょうけど。

「小六法」は、通教の試験で参照可能な六法でありますし、時々スクーリングで持参している人を見かけます。
しかしながら、その図体ゆえに持ち運びには気合いがいりますし、試験中には引き難いと思うので私は持参しません。
持参しないどころか、購入以来ほとんど使用してません。
ホント、可愛そうなヤツです。

どうして、そのような六法を買ってしまったのかといいますと…
中大通教に入学にするにあたって、書店に並ぶ数ある六法の中から何を買えばよいのかが、実はよく分かんなかったんですよ。
そういう時は、とりあえず「大は小を兼ねる」ということで、多少大きくて値が張っても、情報量の多そうな物を購入してしまえば間違いない!と。

これを読んだ皆さんは、なんて馬鹿なヤツだとお思いのことでしょう(笑)

もし、ワタクシがそのような相談を受けたとするならば、初学者の「小六法」購入には断固反対、迷うことなく「ポケット六法」もしくは類似するようなものを奨めます(笑)



※この記事が「面白かった」「参考になった」といったようなご感想をお持ち頂けたならば、↓これを、ポチッと押して頂けますと嬉しく思います。
コメント
 こんにちは。ただいま会社のPCから送ってます(遅い昼休みです)。
 確かに参考書や文献など概説書が全てを網羅しているのかと言えば、違うように『大は大』『小は小』で、それぞれの器に合うだけの内容ですよね。ワタクシも過去何度かこの選択で基本書を買うのに失敗しております。
 ワタクシの経験談で申し訳ないのですが…ジーンズ・おもちゃ・お金等一般では年代物として価値が原価より高くつく事がありますよね。しかし昨年の夏期スクーリングにて昭和の六法(vintage六法)を持っていらっしゃるお方をお見受けいたしました。もちろんコレクションとしては価値があるのだろうと思いますが、授業で使用するのはどうかと?疑問に思いました(笑)
 古代ローマでは勉強が道楽であり、奴隷制度の上になりたっていたという歴史がございます。確かに何かを極めるには、時間やお金はかかります。しかしこれらは惜しむべきではないと思っております。社会情勢・環境は日々進歩しており、勉強するにも常に向上心とアンテナをはる必要があると考えております。
 話がだいぶ逸れましたが、何はともあれ六法は最新の物をご利用になった方がよろしいのではないかと個人的に思いました(笑)
 ※いつかは本の大人買いをしてみたいという夢があります。またこの必要な1節だけの為にこの本を買うという贅沢買いをしてみたいものです(笑)ワタクシのささやかな夢です。この場でこのようなつまらぬ事を申し上げてしまいすみません。
2007/06/27(Wed) 14:50 | URL | 刑事14部 | 【編集
刑事14部さんへ

たしかに、通教で学習する上でビンテージものの六法を使用されるのはどうかと思います。
かなりの法典が大幅に改正されていますからね。
しかし、色々な事をご存じのようですね。
今後とも、色々とご教授願います。
2007/06/27(Wed) 18:01 | URL | タダシガキ | 【編集
小六法を持参するのは大変ですね。
私は、一昨年の短期スクーリング(たしか…債権総論)で、模範六法を持参していたマダムを見かけましたよ。

ビビリました。



2007/06/30(Sat) 21:12 | URL | パンチョ | 【編集
パンチョさんへ

「模範六法」って三省堂が出しているものですよね?
実は、ワタクシ、現物の想像がつかないのですよ。
今度、書店にいった時に見てます。

でも、一番ビックリなのは、やはり「ビンテージ六法」を持参しちゃう人ではないででしょうか(笑)
2007/07/01(Sun) 11:14 | URL | タダシガキ | 【編集

私は、法律の勉強をしていてよく思うことがあります。
情報の一元化を図るのは合理的だと思い、教科書や六法へのカキコミをして、自分流の味を出すのですが…それが1年後もしくは数年後、使い慣れた頃に新版に買い替える。
自分の情報を捨て、新たな判例・条文・情報を手に入れる。複雑な心境になります。
この考えで解釈すると、ビンテージ六法の持ち主はきっと自分の情報を捨てきれなかったのでしょう(笑)
これは想像ではありますが、もしかしたらその方は、自分で新しいまたは修正された条文を手書きで新版にしてたりして…(笑)
それならかなりのツワモノですよね。

2007/07/01(Sun) 16:48 | URL | パンチョ | 【編集
なるほどなるほど。
そういうものの見方もあるんですね。
よくよく考えてみれば、何か強い思いがあってのことかもしれませんね。
安易に揶揄するような発言をしてしまったこと、反省してます。
しかしながら、パンチョさんの助言どおり、「ビンテージ六法」の持ち主のみならず、法律を学ぶ者としては、やはりなるべく最新版の六法を手にした方が良いかと思われます。
2007/07/01(Sun) 17:34 | URL | タダシガキ | 【編集
小六法、来年度から休刊とのことです。
http://www.yuhikaku.co.jp/topics/001/00172.html
2007/07/04(Wed) 18:48 | URL | タダシガキ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
組み見本について  先日お知らせしました『有斐閣判例六法Professional
2007/08/02(Thu) 10:29:36 |  「ゆうひかく六法」アラカルト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。