AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミドリは事例や小見出しの色にしてます

 有斐閣メールに書いてあったけど、判例六法コンパクト版が「カエル」って呼ばれ親しまれてるってほんと?梅雨時期にかけた?2色刷もカエル色にするのは…見づらいか。 そういえば、学生時代に教科書などに線を引くとき、判例はミドリだったっけ。...
カエル



ワタシは教科書等を読む際、何色もの蛍光ペンを使いわけてアンダーライン等をいれている話を以前書いたことがありまます。
このような方法に対しては、「時間の無駄」といったようなご趣旨で否定的な意見を述べられる方もいらっしゃるようです。
まぁ、たしかに、単色ペンで線引きするにくらべりゃ手間暇がかかりますから、そういった批判もあながち的外れではないかもしれませんね。
しかし、再読する際の視認性が格段に向上するなどその他諸々のメリットがあるとワタシは思っていますから、そんな批判には耳をかさずに相変わらず本へのペイントを楽しんでます。

でもでも。
やはり、あからさまに批判されちゃうと、デリケートなワタシはちょっぴりブルーになってしまうのです。
(誰ですか、いま、タダシガキは「デリケート」じゃなくて「バリケード」だろと思った人は!・笑)
そんな時に、冒頭のトラックバック先のblogの記事が目にとまりました。
そこに書かれているコメントにワタシはとっても共感しちゃいました♪
よろしければ、いちどたずねてみて下さい。

というわけで、来週の労働法スクにも9色蛍光マーカー持参です!
机の上に蛍光ペンを多く出している輩がいたら、ワタシかもしれません。
よかったら、一声かけてみて下さい。
生ビール一杯おごらせてもらいます。
ただし先着5名様限定(笑)
コメント
タダシガキさんと法学部講師の日誌さん?のコメントにも共感しますv-218
私は7色(赤(ピンク)→超重要、黄→重要、青→自説、紫→反対説、橙→判例、緑→条文、茶→問題提起)使ってます。
当初はもう2~3色ぐらい色を増やしたいと思っていたのですが、色々と探し、試してみた結果、上記の色との区別がいまいちつかないような気がするので諦めました。
そこで、重要度などに応じて、サイドラインとマーカーを使い分けるようにしました。

時間はかかりますが、復習をするときは楽ですよね。

先ほど確認したのですが、私って、「モノクロテキストのカラー化」の話でもコメントにくいついてましたね(汗)


2008/06/05(Thu) 01:20 | URL | パンチョ | 【編集
v-5 パンチョさんへ
ワタシの場合、
ピンク:超重要、判例
赤:重要、自説の理由
山吹色:規範・要件
オレンジ:自説からの帰結、効果
青:反対説
緑:事例、小見出し
紫:問題提起
黄色:テクニカルターム
といった感じでしょうか。
この他、カラーの蛍光ボールペンも駆使しておりますv-218

ちなみに、この色分けが自分の中で定着するようになってから「青色」が嫌いになりました(笑)
2008/06/05(Thu) 02:56 | URL | タダシガキ | 【編集
演習に行ったときに、先生が「条文は青で、判例は緑で、意見はピンクでなどと色分けしてアンダーラインを引くといい」という話をされていました。理解度の高まりが違うそうです。
タダシガキさん、まさにこれを実践されていますねー。
ワタシは色分けをなかなか実践できていませんが(というか、テキストにアンダーラインを引くのが勿体無いんですw)青と緑だけは使ってますよ。
9色使い分けの術、スクでお会いできたときに是非是非見せてくださいね。
2008/06/05(Thu) 08:46 | URL | suzuka | 【編集
黄色のテクニカルタームとは一体なんですか?
超超超大切な語句ってことですか?

2008/06/05(Thu) 09:37 | URL | パンチョ | 【編集
v-5 suzukaさんへ
演習を先生された先生もカラフル派だったとは嬉しい話しです♪

根が貧乏性なワタシも、最初は「勿体無い」と思ってましたけど、いまではお構いなしです。

たまに、スクでワタシの本を覗き込んだ人に、「よく勉強されてますねぇ」なんて言われてちょっぴり嬉しくなることがありますよ。
どうも、単色でアンダーラインしてあるより、色分けしている方がすごく勉強している(読み込みしている)ように思われるみたいです。
でも、ホントは「よくやるわ」と言った感じで揶揄されているだけかも(笑)
2008/06/05(Thu) 12:47 | URL | タダシガキ | 【編集
v-5 パンチョさんへ
「テクニカルターム」とは、専門用語のことです。

ずっと、テクニカルタームは赤色で塗りつぶしていたのですが、赤だと濃すぎて文字が逆に目立たなくなる場合があったので、最近、黄色に変えました。
ただ、テクニカルタームの説明部分、つまり、定義が書いてある部分にアンダーラインを入れる場合は、赤です。
白地の用紙に黄色のアンダーラインは目立ちませんから。
(ぶっちゃけ持ち替えが面倒くさっ!)

ちなみに、カラフル化する前は、黄色だけでマーキングしてましたよ。
2008/06/05(Thu) 12:51 | URL | タダシガキ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。