AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短期スクーリング 労働法1(団体法) 近藤 昭雄 先生
2008年6月13日~15日に岡山で受講。

◆先生及び講義の印象について
先生の第1印象についてですが、とにかく「声がデカイ!!!」。
これは私のみならず、おそらく受講者全員がそう思ったに違いないと確信が持てるほどに、よく通る声の持ち主であられる。
受講生の質問に答えてる時などは、マイク無しで会場の後方(縦15列くらい)までハッキリ聞こえてた。

講義は、B5版30頁のレジュメに沿って進められる。
レジュメは、ご自身が執筆された教科書の要点をまとめたような感じのもの。
したがって、事前に先生の教科書を通読しておくと、より理解が深まるものと思われる。
その他、16個の判例について判例百選の該当ページをコピーしたレジュメが別途用意されていた。

授業中は「雑談」(?)がとっても多い。
もっとも、これは、労働法の各制度の意義、学説の対立などについて、その背後にある社会的事情などを知ってもらうために、直接的には関係ないような事を例え話として紹介している、といったようなことを先生は述べられ、雑談ではないと否定されていた(通学課程の学生に、先生の講義は7割が雑談だと苦情があったとか言われていたが…)。
ちなみに、まったく講義内容と関係ない話しをするときは「これはまったくの雑談ですが…」と付されていた。
先生は東京の下町生まれだそうで、江戸っ子らしい口調でときおり毒舌気味になされる「雑談」は聞いていてとても面白かったし、役に立った。

ただ、先生のしゃべりはとにかくマシンガンである。
ちょっと気を緩めると、話しがどんどん先に進んでしまっていて、「いま、どこの説明してんの?」てなことになりかねない。
(雑談だと思ってスルーしていると、いつの間にかレジュメに戻っていたりする。)
また、終始一本調子で話されるので、口調から重要な説明をしているか否かの判断はつきにくい。
したがって、講義中は気を緩められず、ずっと先生の話を追っかけている必要がある。
(学生として当然のことかもしれないが、ワタシには一日100分×4コマの授業中ずっと集中力を持続することは辛い、というか、正直言って無理(笑))。

ちなみに、先生は講義中ずっと立ちっぱなしである。
それでいて、喋りっぱなしである。
どんだけエネルギーを消費されていることか…。
先生は、通信教育部の授業をこなすことができなくなったら引退だ、などと冗談気味におっしゃっていたが、「先生、あと20年くらいは大丈夫ですよ」と言いたくなるくらいのバイタリティの持ち主だと思う(最近、67歳になられたとか)。

講義内容は、教科書に書かれていることと似通っている(教科書執筆者だから当然そうなるのかもしれないけど)。
もっとも、教科書音読会のような授業ではないのでご安心を。
個人的は、先生の判例批判が痛快で特に面白かった。
冒頭にも述べたけど、教科書を一読しておくと、理解が増すと思われる。

最後に。
じつは、先生の講義について事前に受講経験者に聞いたところ、賛否両論であった。
否定派の意見は、話しが分かりづらいというものであった。
たぶん、そう感じた理由は、「雑談」の多さと、一本調子のマシンガントークにあるのではないかと思う。
しかし、決してわかりにくい講義ではない、とワタシは実際に先生の講義を受けてみてそう感じた。、
また、一見すると昔気質のちょっと怖そうな感じがするが、実は、学生思いの優しい先生かと。
ワタシ個人としては、近藤先生のスクを受講して、とても良かったと思ってる。

また、先生の講義を受けてみたい……エヘヘ
(「エヘヘ」の意味については、また後日にでも…)

◆試験について
参照物は、通信教育部指定の六法のみ
事前に、一日の講義範囲から一題出題で計三問出題されると告知されていた通り、三問出題され、うち一問を選択して解答。
いずれも一行問題。


※お断り
以上これらはできるだけ客観的観点から考察したつもりですが、当然にワタクシの主観をも包含するものです。
また、今後の講義内容・試験問題の傾向等が大幅に変更される可能性は否定できません。
ですから、ワタクシの日記を参考にスクーリングに望んだか「失敗した!どうしてくれるんだこの野郎!」と苦情を申されましても、ワタクシは「一切知らんぷり」ですので、あしからず(笑)。
コメント
スク、お疲れ様でした。
近藤先生、エネルギッシュな方なんですね。
ご講義、受けてみたいです。
今回もいろいろと充実のスクだったようで、よかったですね!
試験もいい結果がでますように(-m-)”
エヘヘの意味・・気になりますねー?
2008/06/19(Thu) 19:31 | URL | こう | 【編集
v-5 こうさんへ
試験以外は、ホント充実してました(笑)

「エヘヘ」の意味はですね…。
とても恥ずかしくて公言できないので「ここだけの話」にしておいて欲しいのですが…(意味不明・笑)
スクが終わったあとに、夏期スクの受講申込書を提出したのですが、1期目午後は「労働法1」を受けることにしたということです。
これ以上は聞かないで下さい(笑)

2008/06/19(Thu) 21:21 | URL | タダシガキ | 【編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/05/02(Fri) 05:37 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。