AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鉄は熱いうちに打て
中大通教で「法律」を学ぶと決意した頃の話しです。

大学での学習経験のない私は、かねてより大学で学んでみたい、卒業資格を得たい、という願望を持ち合わせておりました。
しかし、それを実現するには、当時就いていた職業がネックでした。
なぜならば、ワタクシが入学前に従事していた職務は、「労働法」とは無縁の、ほとんど年中無休状態(まる一日休めたのは年間10日位)で、拘束時間も長かったのです。
なんとか学習時間を捻り出したとしても、スク参加することはおろか、試験を受けるために休暇と取る余裕なんて皆無でしたから。

そんな仕事、とっとと辞めちまえば済むだけの話しですし、それでなくとも何度も辞めようと考えましたけど、収入がかなり良かったために思いとどまっていたのです。
ある意味、プチ拝金主義者だったわけですねぇ(笑)

その頃ワタクシはよく雑談中に「大学で学んでみたいけど、無理だと思う」みたいな思いを打ち明けることが多々ありました。
そんなワタクシに対し「今からだって、決して遅くないよ、まだ若いのだから」と助言して下さった目上の方も何人かいらっしゃいました。
でも、そのようなアドバイスを受けても、当の本人といえば「収入減るのは嫌だし、それに第一、今更この歳でどうなるってんだい!」って思いがかなり強く、端から諦めてました。
(ワタクシの年齢は非公開ですが、消費税の無かった古き良き時代を知っているといえば、おおよそ年齢の下限は想像がつくのではないでしょうか・笑)

大学への憧れを漠然としか持っていなかったワタクシでしたが、あることを契機に「大学で学ぶ」ことを具体的に考え出すようになったのです。
それは、過労が重なり入院したことがきっかけです。

若いから大丈夫だと思い、少々体調が優れなくとも無理して働いていましたが、ついにガタがきたのです。
医者に緊急入院を告げられましたが、ワタクシはそれでも仕事を優先し、自宅療養を頑固に主張しました(模範的仕事バカ人間・笑)。
医者は「下手すれば命を落とす危険性もあり、そもそも自力歩行禁止」と車椅子に乗ることを命じてきたのです。
しょうがないので、入院することに…。
その旨会社に連絡したところ、経営者が心配したのは、「ワタクシの体」より「業務に支障を来さないか」でした。
いや~、そういうオーナーだとは思ってましたけど、あからさまな態度に出られると、神経の図太いワタクシでもさすがにへこみましたねぇ(笑)

で、三週間ほどの入院とあいなったわけですが、入院中は暇で暇で(笑)。
そこで、以前より興味があった法律関係の本をいくつも買ってきてもらい、ついでに初めて六法も購入したのです。
自分の興味ある範囲でのみ勉強するのですから、いまより気軽で楽しかったですね(笑)。
そして、無謀にも真面目に「法律」を勉強してみたいと徐々に思いが募っていくようになったのです。

それまでの我が人生をふり返ってみると、「あの時、ああしとけば良かった」と、行動を起こさずに後悔することばかりでした。
また、若い時分に「もうこんな歳で今更…」なんて思っていたことが、決して遅くはなかったのだということに、歳を重ねてみて初めてワタクシは気がついたのです。
若いときには若いときの尺度でしか、物事をみれませんからねぇ。
だったら、「今からでも遅くないのでは?」、「やらずに後悔するよりも、やって後悔してやろう!」と考えるようになったのです。

こうなると、ワタクシは行動が早いのです。
10月下旬に退院すると、直ぐに辞表を提出し、年が明けた1月いっぱいであっり退職しちゃいました。
突然の出来事に周囲は驚いていましたね。
なんせ辞める理由が、いい歳した兄ちゃん(?)が「大学で勉強します!」でしたから(笑)。

それから二年が過ぎ、「優秀な中大通教生になってやる!」というワタクシの計画は狂いつつありますが(笑)、通教ライフをエンジョイしてます。
「学問に年齢制限なし!」
「思い立ったら吉日」
ですな。

あの入院がなければ、今頃きっと以前と同じように働いていたことでしょうね。
人生の転機なんて不思議なものですな。
どこでどう転ぶか分かりません…。

私個人のど~でもよい話を最後までお読み頂きまして、どうもありがとうございます。


※この記事が「面白かった」「参考になった」といったようなご感想をお持ち頂けたならば、↓これを、ポチッと押して頂けますと嬉しく思います。
コメント
いつでも熱くなれる
人の中にある鉄は打ってもらうためならいつでも熱くなれる。
そんな気がします。

お久しぶりです。

ご存知のように私も遅くから自分の中の鉄を打ち始めたクチ。いつも法律に向き合う姿勢をお手本にさせていただいてます。
2007/07/11(Wed) 23:18 | URL | おはつ | 【編集
おはつさんへ

おはつさんからのカキコミを嬉しく思います♪
どうもありがとうございます。

私の方こそ、いろいろと多忙な中、通教の学習に取り組まれているその姿勢には、いつもよい刺激を頂いております。
これからも、よき通教の友人として、どうそよろしくお願いします。
2007/07/12(Thu) 08:06 | URL | タダシガキ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。