AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事件は教科書で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!
甲は、内縁の妻乙が浮気したことについて自宅マンション敷地内の駐車場で乙を問い詰めているうちに、激情して同女の顔面を殴打し、足を蹴るなどの暴行を加え続けた。これに対して、乙は、自分が浮気した手前、殴られても仕方がないと思い、甲を制止することなく黙って殴られ続けた結果、左頬と左足太股に全治2週間の青あざを負った。これを自宅から目撃した丙は、丙の妻戊に110番通報するように指示した後、駐車場まで行き、甲の乙に対する暴行を止めようとしたところ、甲から「邪魔するな、お前も殴られたいんか」と言われたが、格闘技の有段者であった丙は、まったく臆することなく仲裁に入った。甲の罪責を論ぜよ。


とま、こんな具合に書くと、ありきたりな事例問題ぽいですが、実はこれ、架空の事例じゃなくて、一年くらい前に私が実際に経験した話です(一部脚色してますけど)。

あっ!
甲が、わたしじゃないですからね!!
(も、も、もしかして、多くの人がそう勘違いしてたりして

そうそう、あと、わたし格闘技の有段者じゃありませんから(笑)。

ところで、どうしてこんなことを書いたかというと、甲と乙が昨夜再び駐車場で大声で口論していたからです。
勘弁して欲しい…
コメント
格闘技の有段者・・普通に納得して、
一瞬、空手着で瓦を割るタダシガキさんの絵が浮かびました(笑
仲裁に入った後、どうなったんだろう?
(↑何罪かは考えないやつ)
また大喧嘩にならないといいですね。
2009/05/11(Mon) 21:27 | URL | こう | 【編集
v-5 こうさんへ
わたしが仲裁にはいってすぐに、近くの交番のお巡りさんが二人来たんですよ。
そして、その後さらに機動捜査隊の警官やらが来るわ来るわで、結局パト6~7台、20名弱くらいの警察官が来ちゃってv-452

で、甲の方は「なんでもない、ただ戯れただけ。なっ、乙」とごまかそうとし、乙は乙で「ホントになんでもないんです」って赤く腫れ上がった顔をニコってさせながら、甲に腕組みなんかしちゃって…i-183

わたしと女房は、警察に一通り目撃したことなどを説明したのですが、後日の状況からすると、おそらくですが、送検まではいかなかったんじゃないかと思ってます。

余談ですが、うちの妻が110番した際、「女性がヤクザ風の男に殴られているんです!!」って言ったらしいですi-229
そりゃ、あれだけお巡りさんが来ちゃうはずだと思いました(笑)。
2009/05/11(Mon) 21:43 | URL | タダシガキ | 【編集
う~ん。刑法上の問題に加えて、殴られるのも
自己決定権の行使でしょうか??
去年のゼミの続き、始めたいですね~
こうさんもいらっしゃいますし。。

でも、タダシガキさん、この怖いご時世に通報のみならず、
仲裁に入られたということ、さすがだな~と思います。

ちなみに私、「手加減」していただければ嫌いじゃないっす。
私の趣味の妥当性が問題となる。
2009/05/11(Mon) 22:40 | URL | まさやん | 【編集
v-5 まさやんへ
Webゼミですか。
いいですねi-228

ところで、上記事例には、いくつかの刑法上の典型的論点が含まれており、いろいろな考え方ができるのはないかと思ってます。

まさやんが指摘するように、被害者の自己決定に着目しそれを重視方向で考え、有効な承諾があったとすることで、傷害罪については違法性を阻却するという考え方もありかと…。

ところでところで。
ま、ま、まさやんたら、そっち系だったんですか?
(はっ!そういや、まさやんのイニシャルは…)
まぁ、それもひとつの自己決定ですかi-237
下記事件のようにはならなければ妥当な範囲だと思いますが、趣味がエスカレートしないようお気をつけくださいi-278
http://blog-imgs-19.fc2.com/t/a/d/tadashigaki/20090512010516c4d.htm
って、冗談ですからねi-229
2009/05/12(Tue) 01:24 | URL | タダシガキ | 【編集
大変興味深い裁判例、ご紹介いただきありがとうございます。
嘱託殺人、結果無価値・行為無価値論の観点からも
侃侃諤諤の争いがあるようであり勉強する機会になりました。

また学会では
「バサーッ」、「グサーッ」「バッサリ」の「プレイ」の判断につき
争いがあったようですが、
結局「おいおい、あんたエアロビクスに熱中してんじゃん、どっちやねん」説の出現で、
終焉を迎えたとも聞いております。

タダシガキさん,私、被告人と同じ三六歳ですが、
「人生をやり直すことが可能」でしょうかv-48
2009/05/12(Tue) 20:59 | URL | まさやん | 【編集
v-5 Mさんへ、おっと、もとい まさやんへi-278

判決文を最後まで読まれたのですね。
わたしなら、あんな細かい文字でずら~っと文章が飛び出してきた瞬間に読む気が失せ、最初の数行読んで終わりでしょうi-229
それに加え、どうやら教科書等を読まれたご様子。
さすがです。

ところで。
「やりなおしする必要がなんてないでしょうに」なんてやぼなマジレスはしませんが、あえて言わしてもらうならば、ままさやんがボロボロなのは六法だけなので、十分やり直しが可能だと思います(意味不明)。
2009/05/13(Wed) 11:07 | URL | タダシガキ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。