AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灯台下暗し
週明けに迫った3回目の卒論レポの提出期限。
ここへ来て、どうしても目を通してみたい論文が三つ。

いずれも、他大学が出している論文誌に掲載されているのですが、地元の公立図書館にはナシ。
いまから、国立国会図書館や中大図書館のコピー郵送サービスを利用しても間に合いそうもナシ。
う~ん、どうしても読んでみたい。
きっと、わたしの卒論に役立つこと間違いナシ!(根拠はナシ)。

隣の県の某国立大学の図書館にはあるようで、わたしが行っても利用できるみたい。
明日の土曜に千円はらって、高速使って行くべきか…。
でも往復に費やす時間を、手元にある資料のみでレポ作成にあてた方がよさげような気が。
どうしよう…。

と悩んでいたら、なんと、地元の大学(教育学部)の付属図書館に三冊ともあることを知り、万歳三唱!
で、さっそく本日、行って参りました。

初めて訪れる図書館で勝手が分からず、カードがないと入れないゲートで右往左往するわたしに、親切に対応してくれたお姉さん。しかも、何度も書庫まで足を運んで頂いたおかげで、無事論文のコピーをゲット。
どうも、お世話様でしたm(__)m

さっそく、帰宅後に目を通してみたら…。
三冊とも、アメリカの判例と学説の状況の紹介がメインで、とても参考になる部分もあるのですが、それを引用しようと思うと、引用元の原文、つまり、あちゃらの文献に目を通す必要があるかと…。
そんなものどこで入手すりゃいいんだいって話もありますが、それ以前に、そんなものを読んで理解できる英語力がわたしにはナシ。

「孫引きしちゃえよ」って悪魔のささやきが一瞬聞こえましたけど、信義に反しますからねぇ(笑)。

ともかく、今週末は、卒論レポ三昧になりそうデス。

PS 最近、メールをやりとりさせて頂いている通教生の方は、既に3回目のレポを提出されたそうなのですが、なんと、それが既に返却されてしまっているというから驚きです。
コメント
その好奇心はいいですよん~

私もネットで資料の検索ができたため、地元の図書館で結構資料探せましたものv-216
論点と方向性を明確にして卒論に励んでくださいv-275
2009/08/01(Sat) 13:24 | URL | akihiko | 【編集
v-5 akihikoさんへ
akihikoさんも、あちこちの図書館で資料を収集されたようですが、ネットで資料の検索でできるだなんて、ホント、便利な世の中になったもんですよね。
アドバイスを頭の片隅において、卒論作成に精を出します!
2009/08/01(Sat) 21:20 | URL | タダシガキ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。