AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
取らぬ狸の皮算用
昨日、通教の友人のBlogで、レポートを清書するのにどのくらいの時間を要するかが話題に上がりました。。
ワタクシは丁寧に書くときは2時間くらい、急いで仕上げる場合でも1時間半はかかってしまいます。
ひょっとしてワタクシは遅すぎるのかとも思っていたりもしましたが、その友人も2時間はかかってしまうとのことでしたら、概ねそんなものなのでしょうね。

ところで…。
最近になってようやく夏期スク向けのレポートの作成に本格的に取りかかり始めました。
4単位科目を6教科受講しますので、ワタクシは最低計12通のレポーを提出しなければなりません。
既に下書きを完成済させたものも何通かありますが、半分以上は未だ文献に目を通すことすらしていません。
でも、「夏期スクが始まるまでには、まだ2週間近くあるからギリギリで12通すべて事前提出できるだとう」と高を括っています。

しかし…。
ふと気づいたのですが…。
清書の総時間=2時間×12通=24時間。
げげっげっ!
徹夜で、飯も食わず、風呂にも入らず、トイレにも行かずで、ひたすら書きまくっても、まるまる一日かかってしまうってことじゃあ~りませんか…。
でも、実際にはそんなのムリムリ!
(気合いで何とかしろって?)

う~ん「最低でも二日間は清書に費やす羽目になるだろうな…」。
ちなみに、ワタクシの計画には清書に費やす時間なんてものは一切考慮されておりませんでした。
ゆえに、事実上計画が2日間分削られるってことに…。

いくら脳天気なワタクシでも、かなり厳しい状況に追い込まれていることを認識せざるをえません。
(あたりめ~だろって?)
う~ん、早くも全通事前提出という計画は挫折するのか…。
いやいや、勝負は下駄を履くまで分からんぞ!
(えっ?絶対無理だって?ごもっともっす!でも、ワタクシは往生際が悪いもんで…)

オケツに付いていた火が、いっそう燃え上がりを増したような気がします。
いや、「気がする」といったもんじゃありません、間違いなく燃えさかってます(笑)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。