AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがたいご指摘
え~、ブログのタイトルをほんのちょっとだけ変更してみました。
お分かりになられます?

実は昨日、通教の先輩から次のようなメールを頂いたのです。

もしかしたら意図的に文字を選ばれているのかもしれませんが、もし、もしも…と思いお便りをしてみました。
「課程」ではなく「過程」という文字が使われていますが、『物事が変化・発展していくみちすじ。プロセス。』として意図的に使われているのですよねぇ?


さすがは先輩、ワタクシの意図を見事ズバリ読まれておられる。
でも、間際らしいのでタイトルは「課程」に変更しておこう。

な~んていうのは、ウソです。

実はメールを読んだ後、すぐにブログのタイトルを確認してみたところ…。
あらビックリ!
ご指摘どおりタイトルが、「中央大学法学部通信教育過程在学中 ~タダシガキの雑感記~」になっておりました。
しかも、通教公式サイトのリンクまでもが「過程」になっていたのです。
以前、試しにGoogleで「中央大学法学部通信教育課程」で検索かけてみたのですが、そりゃヒットしないはずです(笑)。

いや~~ぁ、めちゃ恥ずかしかった…。
穴があったら入りたかったです。

今まで全然気付かなかったのですが、ひょっとして皆さんは気がつかれました?
(もしかして気付かなかったのはワタクシだけ?・笑)
先輩のご指摘がなければ、ず~っとそのまんまだったかも…。


ところで、この事を指摘して下さった先輩なのですが。
昨年、あるスクーリングで知り合ったのを切っ掛けに、メール交換などをさせて頂いております。
ワタクシよりも学年が上の方ですので先輩にあたるわけなのですが、年齢的にも人生の先輩にあたるような方です。

この方、既に履歴書の資格欄には記入できないほど様々な資格をお持なのにかかわらず、それで物足りないのか、「今度○○の資格試験を受けます」なんてメールがときおり届くという、大変な努力家であり前向きなお人なのです。

また、ワタクシがある資格試験を受験する前日に激励メールを頂いたことがあります。
受験半年前以上にその話題に触れただけなので、前日のメールには少し驚かされました。
でも、そのさりげないお心遣いには感激しちゃいましたねぇ。
なかなかの御仁です。
(そんな先輩のお人柄が、今回頂いたメールの文面にも表れております)

先輩!いつも良い刺激とアドバイスを与えて下さってありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いします。


このような先輩に出会えるのも中大通教の魅力の一つかもしれません。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
教育課程教育課程(きょういくかてい)とは、教育内容の組織のことである。教育課程は、教育内容の広範かつ一般的な計画という側面も持ち、カリキュラムの同義語と捉えられることもあるが、カリキュラムよりも包括的な概念として用いられることもある。一般的に教育課程に定
2007/07/25(Wed) 11:14:02 |  学ぶ・教える・教育についての言葉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。