AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年度夏期スク 第2期3日目
このBlogを立ち上げてから毎日更新することを一つの目的にしていたのですが、ついに数日間、更新をおこないませんでした。
ここ数日間、更新されているかと当Blogを訪れて頂いた皆様には、お詫び申し上げます。

さてさて。
連日暑い日が続いておりますが、夏バテなどせず、夏期スク第2期も元気に登校しております。
今期は民法4(債権各論)と憲法を受講しております。

民法4の広瀬先生は、少し関西弁混じりのしゃべりで講義をすすめられる先生です。
ときおり言われる冗談は、まるで関西の芸人さん風といった感じでしょうか。
なかなかユーモラスな先生です。
先生の講義は、初日に講義進行表と借地借家法が掲載されたものを配布された以外レジュメの配布はなく、教科書を参照されながら講義を進行されるといった感じです。

憲法を担当されている畑尻先生は、わりとゆったりした話し方をされる先生です。
毎日レジュメを配布され、レジュメを中心に時折教科書を参照されながら、授業を進められています。
さらに、2日目以降は、判例百選も参照されています。
講義はとても分かりやすいように思います。
また、時折言われる冗談はなかなか面白く、ユーモラスな先生です。
昨日でしたか、「ある憲法学者は、憲法13条をドラえもんのポケットみたいなもの」と言っていると紹介されたあと、先生は、「かんきょうけ~ん(環境権)」とドラえもんが道具をポケットから取り出す時のような声を出され、真似(?)されていたのがとても可笑しかったです。
(ちなみに、ある憲法学者とはワタクシの大好きな浦部法穂先生で、著書「憲法学教室」でそう書かれています。)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。