AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007夏期スクを終えて ~特殊講義2(福祉と女性) 廣岡 守穂先生~
三期目に受講した「特殊講義2(福祉と女性)」を担当された、廣岡 守穂先生の印象などついて書いてみました。


◆先生及びその講義の特徴
廣岡先生を最初に見たときの印象は、写真と違って「若い!」でした(笑)。
(写真とは、白門に掲載されていた講義内容に載っていた顔写真のことです)。
今年56歳とのことですが、40代後半でも通のでは?

講義内容を一言でいえば、介護・子育て支援といった福祉問題や、それらにまつわるNPO法人に関連することなどを、ジェンダー問題を絡めて現代社会での動向・諸問題等の説明といった感じでしょうか。
先生は学生結婚され、五人のお子さんに恵まれ、既にお孫さんもいらっしゃるそうです。
そのお子さんやお孫さんに関する経験談などを授業中によく面白おかしく紹介されるのですが、単に面白いだけではなく、その話の中には我々の身近に生じうる諸問題などが含まれおり、考えさせられてしまう場面も何度かありました。
先生とご家族に関する話しのみならず、色々な実話を紹介される先生の語り口調はなんとも絶妙で、思わず身を乗り出して聴き入ってしまいます。
そんな先生の講義を受講して良かったと思っております。
ただ、残念だったことは、発熱のため初日の授業を休んだことと、その後も体調がすぐれなかったため、講義を聴いていても時折上の空だったことでしょうか。
できることであれば、もう一度しっかり先生の講義を聴いてみたいと思える、そんな先生です。


※ 初日の授業を休んだワタクシに、単に前週の債権各論が同じだったというだけでとりわけ親しかったわけでもなかったのにもかかわらず、ノートのコピーを快くOK下さり、その上で授業内の簡単な説明をして下った方がいらっしゃったのですが、その方にはとても感謝しております。
この場を借りて、あらためてお礼申し上げます。


◆試験内容
二問出題され一問選択の記述問題です。
参照物はナシ。
試験範囲をある程度、事前に絞ってくれました。
試験前の授業時間は、試験範囲に関する復習的な講義をして下さり、キーワードとなる用語の説明があったのが、ワタクシ個人的には非常に助かったように思います。
いかに講義を聴いていいたかを試験の採点上重視するような発言をされており、したがって、講義中に触れた用語などがしっかり書かれてあれば、高評価に繋がるようなことを述べられておりました。


※お断り
以上これらはできるだけ客観的観点から考察したつもりですが、当然にワタクシの主観をも包含するものです。
また、今後の講義内容・試験問題の傾向等が大幅に変更される可能性は否定できません。
ですから、ワタクシの日記を参考にスクーリングに望んだか「失敗した!どうしてくれるんだこの野郎!」と苦情を申されましても、ワタクシは「一切知らんぷり」ですので、あしからず(笑)。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。