AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007夏期スクを終えて ~民法4(債権各論) 廣瀬 克臣先生~
二期目に受講した「民法4(債権各論)」を担当された、廣瀬 克臣の印象などついて書いてみました。


◆先生及びその講義の特徴
関西弁混じりにわりとゆったりとしゃべられる廣瀬先生は、こんな言い方は失礼にあたるかもしれませんが、その辺にいるオッちゃんという感じです。

レジュメは初日に配られた、講義内容の見出しに教科書の該当ページが記されたものと、借地借家法の条文が掲載されたものが配られたのみです。
講義は教科書を参照しながら進められますが、それに先生の解説が加わるといったような感じですので、いわゆる教科書棒読み的な授業ではありません。
ただ、私は教科書を持っていかなかったので明確なことを申し上げられませんけど、教科書を読んでいるのか、先生の手元にあるメモを読まれているのか、よく分からないことが多かったようです。
といいますのも、先生の説明中に、「教科書のどの部分を読んでいるんだ?」といわんばかりに、教科書のページをあっちゃこっちゃ見渡している人の姿をよく目にしたからです。

ちなみに先生の手元に置かれているメモというのが、おそらく普通のレポート用紙に書かれたものだと思うのですが、かなり茶褐色に変色しており「一体何十年その用紙を使用されて授業されているのですか?」とツッコミを入れたくなるような年季の入ったシロモノでした。

BMWがお好きなのか、よくBMWの売買を例にあげて事例の説明をされていました。
(先生は車に興味がないようなことを言われていましたけど、試験問題もBMWの売買に関するものでしたし、やはりお好きなのでしょうか?)

よく口癖のように「なんも難しいことないでしょ?」と言われており、できるだけ分かり易く説明されるようにされていたのだと思いますけど、ワタクシ個人の感想としは「・・・・・・」ということで。
(べつに難解な講義だったというわけではありませんので、あしからず)

余談をされることも多く、なかなか興味深い話しや、面白い話しもあったのですが、ワタクシ個人的に心に軽く突き刺さった先生の一言があります。
「ブログなんてやっている人間は暇人であり、あんなのやっている暇があるんだったら他のことやった方がいい」みたいなことを言われました。
まっ、ワタクシ個人のことを考えると、あながち的外れな見解ではありませんけど(笑)。

◆試験内容
二問出題され一問選択の記述問題です。
参照物は六法のみ。
ワタクシが受講したときは、事前に533条・534条・546条に関連する問題、つまり、同時履行の抗弁権、もしくは、危険負担に関する問題を出題されると述べられておりました。

一問目は、BMWの売買における売主・買主間の同時履行の抗弁権に関する問題でした。
そして、二問目というのが、今回の講義で興味を持ったものについて自由に書くという、いわば自由作文的な問題でした。
しかし、1問目を選択した場合に比べ評価が厳しくなると試験問題に明記してありました。

この点につき、8月12日付けの日記にも書きましたが、過去に廣瀬先生のスクを受講され、同じような内容の2問目を選択された方曰わく、「A」評価を頂いたとのことですから、果たして本当に「1問目を選択した場合に比べ評価が厳しくなる」ものなのか多少懐疑的かもかも。
(この日記を参考に、今後廣瀬先生のスクで第二問目を選択され厳しい成績が下されたとしても、
ワタクシは責任持てませんので・笑)

※お断り
以上これらはできるだけ客観的観点から考察したつもりですが、当然にワタクシの主観をも包含するものです。
また、今後の講義内容・試験問題の傾向等が大幅に変更される可能性は否定できません。
ですから、ワタクシの日記を参考にスクーリングに望んだか「失敗した!どうしてくれるんだこの野郎!」と苦情を申されましても、ワタクシは「一切知らんぷり」ですので、あしからず(笑)。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。