AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裁判所職員総合研修所監修 『民法概説[三訂版]』 司法協会(2005年)
裁判所職員総合研修所監修 『〈新訂〉民法概説[三訂版]』 司法協会(2007年)

民法の財産法に関して、通教では民法1(総則)・民法2(物権)・民法3(債権総論)・民法4(債権各論)といったぐあいに履修科目が分類されていますよね。
民法をこれまで学習してみて思うのですが、条文の順序からいえば、総則から学習していくのが筋なのでしょう。
だったら、とりあえずは教科書はじめ総則について書かれている基本書等を読み込むのが王道?
わたしは、総則の細目を学習する前に、総則のみならず、物権・債権などを含めた財産法全体の基礎的知識を身に付けた方が、あとあと楽なのではないかと思っています。
そこで、オススメなのが本書というわけでして…。

初学者向けに、財産法全体につきコンパクトにまとめ上げられてあります。
コンパクトでありながらも、概念の定義などはしっかりと書かれてあるなど、中身の濃い本であると思います。
また、巻末にある九つの事例問題も、民法の問題を解く上での考え方を知るのに有用であるかと。
本書を理解した上で、あとは各分野の専門書で細かな知識を調べあげれば、レポ&試験対策はかなり進むのではないでしょうか。

なお、一般の本屋にはあまり取り置かれていないようです。
わたしの友人いわく、裁判所の売店などにあるとか。
そういや、中大の生協にはおいてありましたね。
ちなみに、ワタシは冒頭のリンク先である「セブンアドンワイ」の通販で購入しました。
コメント
立て続けにコメントする自称基本書マニアのパンチョっす
私もこの裁判所職員総合研修所監修シリーズの憲法、民法、刑法の概説書をもっていますが、とても読みやすいですよね。
それに本当に概説書って感じで、とにかく薄い!!一日もあれば3科目読めちゃうかも…たぶん、、、いいすぎかも…Σ( ̄ひ ̄;汗
私の感想としては、民法はとてもコンパクトにまとまっていてよかったのですが、憲法と刑法に関しては薄さゆえに内容がちょいと寂しいように思いました。
正直、あまり初学者の方にはオススメできません。でも、概説書の上の講義案の刑法は評判がいいみたいです。私は持っていませんが。

<なお、一般の本屋にはあまり取り置かれていないようです。わたしの友人いわく、裁判所の売店な  どにあるとか。
⇒このシリーズのほとんどは裁判所の書籍コーナーにありますが、講義案の憲法や 債権総論、債  権 各論は出版されていません。http://www5d.biglobe.ne.jp/~Jusl/JTLink/SihouTosyo.html とて も残念です。

私のオススメする民法の概説書として
●はじめての契約法 笠井 修、鹿野菜穂子、野澤正充 著 有斐閣
●財産法を学ぶ [第3版] 山川陽一 著 法学書院
2008/04/23(Wed) 01:13 | URL | パンチョ | 【編集
v-5パンチョさんへ
わたしは、同シリーズの憲法・民法の概説を読んだことがありませんので、貴重な情報提供をありがとうございます。
「刑法総論講義案」は読みましたよ。
判例の立場から学習したい人にはいいかもしれませんね。
あと、「民事訴訟法講義案」もなかなかよかったように思います。
個人的には「刑事訴訟法講義案」はハズレでした。

なお、「わたしの友人いわく」の友人とは、パンチョさんのことですよ。
2008/04/23(Wed) 13:14 | URL | タダシガキ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。