AX

サルでもわかるFX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありえん!
ここ1週間でおこったこと…。


焼き肉屋へ行ったら、「今日はカルビとロースはありません」と言われた…。
「ありえん!」
そのお店のホルモンは絶品なので、それでも食事をしていくことにしたのだが、ホルモンを追加注文したら「ホルモンも品切れとなりました」と言われた…。
「ありえん!」
(そんな状態でもお客をいれるだなんて、その商売魂はある意味立派だと思う)


ある先生の刑法総論と各論の本をネットで注文したら、各論が二冊届いた…。
「ありえん!」
(納品書には、それぞれ1冊づつ明記されている)


スーパーの駐車場から車を出したら「ギギギギー」と音がしたのでミラーを見ると、左側に駐車していた車のドアが突如開けられわたしの車の左側面と接触した模様だった。車を降りてドアを開けたおっちゃんを問い詰めると「当たってないない」と言い張る。
「ありえん!」
(お互いの車に傷がバッチリ付いていた)


7月試験の受験票が届いたが、受験するつもりでいたとある科目の記載がない…。
「ありえ……」
いや、
「ありえる」
(間違いなく自分のミスだと思う・苦笑)
年間検索語句ベスト5
この一年間に、Googleなどの検索エンジン等を通じて当ブログへアクセスして頂いた方が入力されたキーワードを統計してみたところ

第1位 「タダシガキ」 761回
第2位 「中央大学 通信 ブログ」 234回
第3位 「久保大作」 150回
第4位 「中大通教」 87回
第5位 「トラ退治法 アルコール よっぱらい防止法」 70回

となりました。


久保先生についてお知りになりたい方が、けっこう訪れて下さっているようですが、これでは久保先生の悪口を書けませんね。
な~んていうのは冗談です。(笑)
なにせ、先生は、わたしが通教に入学して講義を受けてよかったと心底思った先生ですから。
(このようなことを書くと、さらに検索エンジンで先生のお名前を入力した場合にこのブログがヒットする確立があがってしまうような気がするのですが…)


第5位には、思わず苦笑。
以前書いた「トラ退治法」という記事が、上記キーワードでググってみた場合けっこう上位にきちゃうみたいです(笑)。


この他にも、レポやスクなど中大通教に関するものはもちろんのこと、様々なキーワードで検索され訪れて下さっているのですが、いちばんずっこけたのが

「金支払えば卒業できる大学」

って検索されていたことです(笑)。
ためしに、ググってみましたけど、わたしのブログはヒットしませんでした。Google以外のどこかで検索するとヒットしちゃうんでしょうね。
なお、念のため申し上げておきますけど、中大通教は「金支払えば卒業できる大学」では決してありませんので(笑)。
ブログ開設2周年
本日で、このブログをはじめてからまる2年が経ちました。

更新を怠りがちなのにもかかわらず、頻繁に訪問してくださる皆さま、どうもありがとうございます。

来年の今時分も続いているといいのですが、その際には、「卒業生日記」になっているよう願うばかりです(笑)。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
戸締まり用心火の用心♪♪♪
のCMでおなじみだった現東関親方(元関脇高見山)は、今場所終了後に定年を迎えるそうですが、相撲ファンでないわたしでさえも、なんだか寂しく感じます。

話題は変わりますが、昨夜、わたしの住むアパートの一角に空き巣が入りました。
10時頃、被害に遭われた別棟に住まれる奥さんがわが家に来て、狼狽気味に「うちもやられました」とおっしゃるので、一緒に部屋まで行くと、玄関脇のテラスの窓硝子が割られていました。

じつは、2ヶ月ほど前にも、わが家のすぐお隣が同様の被害に遭われているのですが、ガラスの割られ方が一緒だったので同一犯かもしれません(その時は、侵入未遂だったそうです)。

一歩間違えば、わが家が被害に遭っていたかもしれません。
そう思うと、ぞっとします。

事件は、現場ではなく教科書内だけにして欲しいものです。

皆さん、戸締まりには十分お気をつけ下さい。
前回の続き
甲が、アルバイト先にお客としてよく来る女子高生Aがいた。甲はAに一目惚れしてしまい、ある日、思いきって告ってみたところ、なんと、その女子高生は双子(AとB)で、いつも店に来ていたのはAの方だったが、その日は、たまたまBの方が来店していた。この場合、甲のBに対する恋を認めてよいか

この点、行為者の認識した事実と発生した事実とが具体的に付合しないかぎり、恋を認めないとする見解がある(具体的符号説)。この見解によれば、甲の認識した事実(Aに対する告白)と実際に発生した事実(Bに対する告白)とが具体的に一致していないため、甲のBに対する恋は認められないことになる。
 
これに対し、認識した事実と発生した事実とが構成要件において付合していれば、恋を認めうるという見解がある(法定的符合説)。この立場によれば、Aに対する告白と、Bに対する告白は、「よく来店する女子高生に対する告白」という構成要件内にて付合しており、甲のBに対する恋を認めてよいことになる。

さて、どちらの見解が妥当か…。
なお、Bが甲の告白に不快感を示した場合、本問はそもそも問題とならないことに留意すること(笑)。


な~んて風に考えると、むずかしいべんきょうも、ちょっとは楽しくなりません?

えっ?
「そんなくだらないこと書く暇があったら、卒論書けよ」って、今、おっしゃいませんでした…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。